QUAD

QUAD Ⅱ-Classic

Tube Monaural Power Amplifier

優雅なサウンドが
あなたの想像を遥かに凌ぐ。

クオード社 70周年記念バージョン

1953年に開発されたQUADⅡは、他社の追随を許さない独創的な回路構成、そして音質の高さを決定付けるオリジナル出力トランスを搭載し、 世界のオーディオ界から 「QUADスタイル」 として高い評価を受けたオリジナリティを保ち続け、 約20年の長きに亘って世界で君臨しロングセラーとなった、オーディオマニアなら誰もが周知の銘機中の銘機です。 そのQUADⅡをベースに、最新のテクノロジーを随所に搭載し、QUADスタイル本来のディテールを見事に完成させました。
濃密な再現性と繊細な高域が織りなすサウンドと美しいデザインの融合をじっくり味わって下さい。

QUAD Ⅱ-Classic

本体価格:¥680,000/pair

カラ-


  • シャンパン ゴールド

  • グレー

特徴

シンプルで安定性に優れた独自の回路構成

ピーター・J・ウォーカーのオリジナル「QUADⅡ」の回路構成を踏襲。フィードバックをより効果的にするため 充分なゲインが得られる5極管による独創的な入力回路や優れた特性を持つビーム出力管KT66の採用などシンプルで 安定した動作により高い評価を得た基本レイアウトを積極的に活かしています。
また、最新の部品採用により現代のアンプに最も要求される高S/N比をクリアしました。

KT66出力管を採用

音質に優れたビーム出力管KT66の特長である繊細で洗練されたサウンドを余すとことなく実現。

新開発のコンパクトな出力トランス

KT66の特性を活かしたコンパクトな出力トランスを独自に開発。
とくに高域特性に優れワイドレンジでハイクオリティな特性を再現します。

KT66に最適な整流管GZ34

KT66出力管とのベストマッチングな電源回路を構成するため、真空管による整流を採用。 特有のウォームアップによるタイムラグ電圧印可で出力管の劣化を防止。

信号ラインにはハードワイヤーを採用

メイン信号経路には、高品位な伝送を実現ハードワイヤーによる配線を施し、信号のロスや歪を低減させています。

高価なチョークインプットによる電源回路で安定した動作環境を実現
伝送能力が高く、ロスの少ない堅牢な削り出し銅合金に金メッキを施した出力端子を装備

スペック

モデルQUAD Ⅱ-Classic
型式真空管モノラル パワーアンプ
実効出力15W rms
全高調波歪率 @ 700Hz0.3%@12W
残留ノイズ-90dB
周波数特性10Hz - 20kHz (0.2dB)
ダンピングファクター11.75 @ 700Hz
消費電力90W
負荷インピーダンス
使用真空管EF86×2(入力)
KT66×2(出力)
GZ34×1(整流管)
入力感度1.4V rms
外形寸法(H×W×D)172×336×120mm
重量9.0kg
JANコードシャンパン ゴールド : 4546063200118
グレー : 4546063200156