QUAD

QUAD Ⅱ-Classic Integrated

Tube Integrated Amplifier

ピーター・ウォーカー & デ・パラビッチーニのサイエンス

真に究極のTUBEアンプ完成。

Ⅱ-Classic Integrated 真空管アンプは、世界的に有名な真空管アンプ設計者の Tim De Paravicini の傑作です。
1953年にQUAD創立者である Peter Walker が設計した QUAD Ⅱ-Mono Power Amp の卓越した設計思想と しなやかで解像度の高いサウンド再生をさらに追求しています。

QUAD Ⅱ-Classic Integrated

本体価格:¥950,000/piece

発売日 : 2010年6月

カラ-


  • シャンパン ゴールド

  • グレー

特徴

Pure Class A 出力段

KT-66のプッシュプル構成で25W。
洗練されたサウンドで現代スピーカーを強力にドライブします。

フォノイコライザー・アンプ搭載

1チャンネル4石のトランジスターによるディスクリート構成の回路により、高いS/N比と広いダイナミックレンジを実現。
MCポジションで0.25mv/1kHzの入力感度を持ち、RIAAカーブはフィードバックによって得ています。

初段

ECC83によってプッシュプル信号への分割と位相反転を行っています。

ドライバー段

ECC83とECC88をカスケード接続とし、高いゲインを広帯域で得ています。

出力段

KT-66のピュアA級プッシュプル構成で動作に充分余裕を持たせ、さらに出力の一部をカソードに加えリニアティはウルトラリニアよりさらに優れています。 フィードバックはECC88のカソードへのプッシュプル構成で低歪と高S/Nを実現しています。入力感度は250mvとハイゲイン仕様です。

電源

ダイオードによるブリッジ接続。

その他

MCマシンによる高精度な金属加工。主要部分は、イギリス国内や世界中のオーディオ部品メーカーから調達(セラミックの真空管ソケットや真空管など)。

スペック

モデルQUAD Ⅱ-Classic Integrated
型式真空管インテグレーテッド・アンプ
真空管構成4×KT66、 2×ECC88、 4×ECC83
インプットチャンネル3×ラインレベル+テープモニター
1×MM/MCフォノ
出力25W + 25W / 8Ω
THD0.06% @15W(700Hz)
S/N比-95dB
周波数特性20Hz - 20kHz +0dB/-0.5dB
クロストーク>75dB
ボルテージゲイン34dB
外形寸法(H×W×D)310×200×380mm
重量19.0kg
JANコードシャンパン ゴールド : 4546063200125
グレー : 4546063200163